堺市で住宅ローンの返済・個人再生・自己破産のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP吉田法務事務所へ

堺市の司法書士・FPによる住宅ローン・個人再生相談


大阪府堺市の司法書士・FP 三国ヶ丘駅近く 司法書士吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4番7号
メールでのご相談
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
相談フォームからのお問い合わせ
家計と住宅ローンのコラム
吉田法務事務所の案内
  司法書士と女性スタッフ

大阪府堺市堺区、三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP事務所。

司法書士として自己破産、個人再生等、債務整理に取り組みながら、FP(ファイナンシャルプランナー)の視点から、住宅ローンや家計見直しについてのご相談に対応できる事務所です。

住宅ローンやカードローンの支払いが難しくなった時、返済を延滞される前に、個人再生手続きの利用をご検討下さい。
不動産の任意売却や競売と並行した自己破産手続きも、お手伝いしています。

ブログ「吉田浩章の司法書士日誌-堺市堺区-」は毎日更新中!

〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788
司法書士吉田法務事務所(大阪府堺市)
相続名義変更相談サイト(大阪府堺市堺区)
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−

住宅ローン・家計コラム

コラム16 住宅ローン借りづらくなる方向に?



平成24年5月12日の日経新聞『プラス1』に、「住宅ローン借りづらくなった?」の記事。

記事によると、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ弁護士さんのところに、住宅ローンの審査が通らなかった人から、「なぜ断られたか」と相談に来る人が増えているとのこと。

これは、私の事務所でも同じ傾向があります。

金融機関が「審査に通らなかった理由」を伝えてくれれば、改めて借入の申請するにも対策を立てやすいのですが、外部からは「これ」という理由を確定させることができないため、消去法で考えていくことに・・・。

しかし、住宅ローンの審査が通らなかった方と「どうやったら通るのか」「通る金融機関もあるのではないか」と考えていると、住宅ローンの審査を「通す」ことが目的、かつ依頼者の利益となり、

客観的に見ることができなくなる、本当に「返済していけるのかどうか」という視点が抜け落ちてしまいがちになる、という矛盾も感じています。

ちなみに、金融機関から見た「住宅ローンの主な審査項目」(国土交通省の調査)として、ポイントが高い順から、

・完済時の年齢
・借入時の年齢
・年収に対する返済負担率
・勤続年数
・年収の水準
・担保評価
・購入価格に対する融資比率(購入の場合)
・担保評価額に対する融資比率(借り換えの場合)
・他の債務の状況や返済履歴
・健康状態

という項目があげられています。

記事の結論として、金融機関が住宅ローンの低金利競争をする中で、

「その過程で借り手を厳しく見始め、結果として利用者が借りづらくなっているのかもしれません」
「超低金利がかえって住宅ローンの契約を難しくしているようです。安売り競争はいいことばかりでありません」(「」内は、いずれも記事から引用)

とありました。

本当に住宅ローンが「借りづらくなっている」のかどうか、それがいい傾向なのかどうかについて、今後の動きも見ていきたいと思います。         

                                         堺市堺区の司法書士・FP 吉田浩章              

 

住宅ローン・個人再生のご相談は、堺市・三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP吉田法務事務所へ

お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前の筋を右折。60m程で着きます。
主な業務エリア<堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>