堺市で住宅ローンの返済・個人再生・自己破産のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP吉田法務事務所へ

堺市の司法書士・FPによる住宅ローン・個人再生相談


大阪府堺市の司法書士・FP 三国ヶ丘駅近く 司法書士吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4番7号
メールでのご相談
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
相談フォームからのお問い合わせ
家計と住宅ローンのコラム
吉田法務事務所の案内
  司法書士と女性スタッフ

大阪府堺市堺区、三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP事務所。

司法書士として自己破産、個人再生等、債務整理に取り組みながら、FP(ファイナンシャルプランナー)の視点から、住宅ローンや家計見直しについてのご相談に対応できる事務所です。

住宅ローンやカードローンの支払いが難しくなった時、返済を延滞される前に、個人再生手続きの利用をご検討下さい。
不動産の任意売却や競売と並行した自己破産手続きも、お手伝いしています。

ブログ「吉田浩章の司法書士日誌-堺市堺区-」は毎日更新中!

〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788
司法書士吉田法務事務所(大阪府堺市)
相続名義変更相談サイト(大阪府堺市堺区)
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−

住宅ローン・家計コラム

コラム06 持ち家に転居すると光熱費負担が増える?


平成24年1月10日の日経新聞には、「住宅ローン 無理ない計算 こう計算」の記事。

賃貸住宅の家賃と、住宅ローンの毎月返済額を比較して買うのではなくて、
-------------------------------------------------------------
◎固定資産税や管理費、修繕積立金も「住宅費」として計算に入れる必要があること
◎住宅ローンを返済しながら、将来のために、年間60万円程度の貯蓄をしていけるのが理想であること
◎生涯収入の中から、どれだけ住居費に充てられるか計算すること
--------------------------------------------------------------
といった話が、FPのアドバイスを元に書かれています。

それに加えて考えておきたいのは、「持ち家に転居すると、光熱費の負担も増える可能性があること」です。

理由としては、部屋の数が増えたり、設置されている電気が増えたり、風呂の湯船が大きくなったり、それとは別に、持ち家に住むことにより、気持ちが大きくなってしまうことも考えられます。

試しに、我が家の家計簿からデーターをもらい、電気、ガス、水道代の年間負担額(合計)を書き出してみました。

・平成17年 108,740円
・平成18年 117,657円
平成19年 113,388円 ※ここまで賃貸住宅
平成20年 168,628円 ※ここから分譲住宅
・平成21年 183,349円
・平成22年 177,685円
・平成23年 172,796円

平成19年、平成20年を境に1.5倍程度になっていて、月平均の負担が5,000円程度増えています。「2割くらい増える」と書かれている本はありますが、「5割とは・・・」と、実際に計算してみて驚きました。

個人差はあるでしょうから、「全く変わらない」ご家庭もあるとは思いますが、これから住宅ローンを組まれることを検討されている方には、私の事務所では「光熱費も増える」ことを前提に考えていただくようアドバイスしています。

                              堺市堺区の司法書士・FP 吉田浩章                          

 

住宅ローン・個人再生のご相談は、堺市・三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP吉田法務事務所へ

お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前の筋を右折。60m程で着きます。
主な業務エリア<堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>