堺市で住宅ローンの返済・個人再生・自己破産のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP吉田法務事務所へ

堺市の司法書士・FPによる住宅ローン・個人再生相談


大阪府堺市の司法書士・FP 三国ヶ丘駅近く 司法書士吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4番7号
メールでのご相談
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−
相談フォームからのお問い合わせ
家計と住宅ローンのコラム
吉田法務事務所の案内
  司法書士と女性スタッフ

大阪府堺市堺区、三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP事務所。

司法書士として自己破産、個人再生等、債務整理に取り組みながら、FP(ファイナンシャルプランナー)の視点から、住宅ローンや家計見直しについてのご相談に対応できる事務所です。

住宅ローンやカードローンの支払いが難しくなった時、返済を延滞される前に、個人再生手続きの利用をご検討下さい。
不動産の任意売却や競売と並行した自己破産手続きも、お手伝いしています。

ブログ「吉田浩章の司法書士日誌-堺市堺区-」は毎日更新中!

〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788
司法書士吉田法務事務所(大阪府堺市)
相続名義変更相談サイト(大阪府堺市堺区)
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−

自己破産手続きの流れ

司法書士事務所に初めてご相談にお越しいただいてから、自己破産手続きが終わるまでの流れについて、破産管財人が選任されない「同時廃止」の場合に絞ってまとめました。

自己破産手続きの流れについては、随時司法書士からご報告の上、書類の作成をしていきますので、依頼者の方に全てを細かく把握していただく必要はありません。

ご参考程度に見てもらえればと考えております。

第1段階 相談と自己破産申立の準備

1.相談・司法書士と委任契約

自己破産の手続きに着手した時点で、全ての返済(住宅ローン、消費者金融、クレジットカード、銀行のカードローン等)についてストップしてもらうことができます。

手続に必要な費用の支払い方法も、委任契約時にお約束しています。

2.司法書士から債権者に受任通知送付、債権調査

司法書士から、自己破産の書類作成の委任を受けた旨の通知を、住宅ローンを組んでいる金融機関も含め、各債権者に郵送します。

3.書類の収集

依頼者の方には、裁判所への提出が必要となる書類の収集をお願いします。
自己破産申立に必要となる書類の内容は、自己破産の申立に必要な書類の一覧ページのとおりです。

住宅ローンを組んでいた不動産を所有されている場合で、任意売却を希望される方については、この時点手で専門の不動産業者さんをご紹介の上、不動産の売却の手続きを並行して進めてもらうことになります。
しかし、転居費用の用意も含めて、引越しの準備が必要です。買い手が付いて、任意売却が成立するまで早くても3〜4か月程度かかりますので、すぐに引越ししなければならないわけではありません。

第2段階 自己破産申立と裁判所での手続き

4.裁判所に申立、書面審査(初回相談から3〜5か月後程度)

裁判所の管轄は、住所地にある地方裁判所です。
裁判所への自己破産申立書類の提出は、司法書士が行います。

5.裁判所での債務者審尋(多くの事例では省略)

裁判所で裁判官から事情を聞かれる機会(審尋)を設けられることもありますが、大阪地裁管轄の場合、審尋が入る事例は少ないです。
審尋が入るのは、例えば、浪費等の事情で借り入れの内容に問題があったり、2度目の自己破産である場合等です。
審尋が入らない場合は、仕事を休んで裁判所に出向いていただく必要はありません。

6.破産手続き開始決定

裁判所の書類審査が通ると、破産手続きの開始決定が出ます。
開始決定書が、裁判所から各債権者に送達されます。

破産手続きの開始決定と同時に、「破産手続を廃止する」という同時廃止決定が出た場合は、裁判所で「財産を金銭に換える手続」はされないことになります。
開始決定時点で所有する財産や、開始決定後に取得する財産について、裁判所からの拘束はなくなります。
住宅ローンを組んでいた不動産がある場合も、所有者の意思で売却(任意売却)することができます。

一方、破産管財人が選任された場合は、破産管財人が放棄をしない限り、一定の財産については破産管財人が管理することになります。住宅ローンを組んでいた不動産がある場合の売却手続きも、破産管財人の意向によって行われることになります。

7.債権者の免責についての意見申述期間(2か月弱)

各債権者が裁判所に対して意見を出すことができる期間が設けられています。実務上、貸金業者から意見が出されることはまずありませんが、知人からお金を借りられていたり、個人事業者で取引先が債権者に入っている場合は、何らかの意見が出されることもあります。

8.免責決定

債権者からの意見が出なければ、意見申述期間の満了から数日で、免責決定が出ます。裁判所から免責決定書を受け取りますので、依頼者の方にお渡しします。ここで、裁判所での自己破産の手続は終了となります。

9.免責確定

官報公告後2週間の経過により、免責が確定します。


「自己破産について」の関連ページ
     
自己破産の基礎知識   自己破産は借金問題解決のための最終手段です。手続きの進行、税金の支払義務、手元に残せる財産のことなどを説明しています。
 
自己破産申立の必要書類   自己破産の申立に際し、裁判所に提出する必要書類と、そのポイントを一覧にしてまとめています。
 
債権者一覧表と財産目録   裁判所に提出する債権者一覧表や財産目録の中で、特にポイントとなる点についてまとめています。
 
自己破産のコラム   自己破産について、特に住宅ローンや居住用の不動産にポイントを絞り、よくある質問やポイントをまとめています。
 
住宅ローン・個人再生のご相談は、堺市・三国ヶ丘駅近くの司法書士・FP吉田法務事務所へ

お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前の筋を右折。60m程で着きます。
主な業務エリア<堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>